とまこむバックナンバー

第一洋食店

2016年8月5日 | とまこむ編集室

創業97年 老舗の味をランチで気軽に

 

1919年創業、道内で2番目に古い洋食店には、遠方から訪れる人も多い。

 

現在3代目の山下明さん(68)が腕を振るう。

 

 

ランチは5種類ほどあり、老舗の味を気軽に楽しめる。

 

「ミートコロッケ」は創業時からの看板メニューで、元はフランス料理のクロケット。

 

牛肉を長時間煮込み、うま味を凝縮させたクリーム状のコロッケ。

 

たっぷりかかったデミグラスソースが、さらに味わいを広げる。

 

コーンスープ、パンかライス、コーヒー付き。

 

この他「チキンカツ」「魚介のフライ」(各1080円)などもある。

 

 

丁寧に磨かれた銀のカトラリーで、優雅な時間を楽しみたい。

 

 

これ食べ 第一洋食店①

 

ランチのお薦め「ミートコロッケ」(1080円)。肉のうまみが凝縮した大人の味

 

歴史を感じるモダンな店内。雰囲気も大事な調味料

 

 

データ

錦町1-6-21

☎34・7337

午前11時30分~午後3時(土日祝日は正午~午後3時)、午後5時~同9時

ラストオーダーは30分前

不定休

 

 

 

 

 

 

マルトマ食堂

2016年8月5日 | とまこむ編集室

行列がおいしさを物語る!朝9時半ごろがねらい目

 

今年で開店48周年。

 

地元の常連客や観光客でにぎわい、定食や海鮮丼、20種類以上のホッキ料理などを提供する。

 

 

おすすめは「ホッキカレー」。

 

ホッキを3個使った食べ応えのあるカレーだ。

 

「苫小牧産のホッキは肉厚で甘味があります」と店長の三浦未(いまだ)さん(37)は話す。

 

海鮮を楽しむなら「マルトマ丼」(1300円)は外せない。

 

具は約10種類とボリュームたっぷりで、その時季の新鮮な海の幸が味わえる。

 

 

7月から新メニュー「ホッキプリン」(150円)が登場。ホッキの香りが特長だ。

 

「これからも新しいメニューを提供していきたい」と三浦さんは話す。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「ホッキカレー」(1000円)。奥は「ホッキカレー専用ガラナソーダ」(200円)。(ホッキカレーとセットの場合は1150円)

 

データ

汐見町1-1-13

☎36・2023

午前5時~午後2時

日曜祝日定休

 

 

 

 

 

20周年打ち上げ

2016年6月27日 | とまこむ編集室

1996年創刊から今年6月で20周年を迎えたとまこむ

 

ずーと、女性目線で、主に女性で作ってきました

 

先日、スタッフと家族みんなで、楽しい慰労会しました!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なんとバンド演奏まで飛び出したよ~

 

演奏をした2人はTシャツまで作って、気合感じます!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

料理は錦町横丁で店やってる「虹咲(こうしょう)」の店主山川さんに作ってもらいました

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

得意の野菜寿司などご飯ものや夏野菜のゼリー寄せ、ピンチョス、ささ身ロール巻きなどなど

 

鶏ももの白ワイン煮もあったし、トルティーヤに牛肉巻くのとか、サーモンサラダも

 

別に子ども用も用意してくれて!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

テーブルいっぱいの料理です

 

 

そしてクライマックスは、ファームソレイユの これ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

次の20年を迎えられるように、関係者みんなで

 

これからも、精一杯精進いたします!!

 

ご期待くださいませ

 

愛彩食堂 ままん家(ち)

2016年6月21日 | とまこむ編集室

 

昨年9月、北栄町の屋台村かたる横町にオープン。

 

専業主婦だった店主の佐々木弘美さん(47)が、しっかり食事がしたい人のための定食屋を出店しました。

 

その人柄とボリュームの多さなどで、人気が広がっています。

 

 

お薦めはランチの「鶏半身揚げ定食」。

 

昼食の忙しいお客さんのために、10分以内に揚げたてを用意できるよう工夫しています。

 

パリパリの皮とジューシーな肉がうれしい!

 

付け合わせに揚げ出し豆腐など、3品から5品が付くのも魅力です。

 

 

他にも、「牛すじとろとろカレー」(800円)や限定5食の「四元豚肩ロースカツ定食」(880円)などメニューも豊富です。

 

 

これ食べ ままん家 P1

 

「鶏半身揚げ定食」(1000円)。この日は、揚げ出し豆腐、砂肝と鶏皮の甘辛煮、白菜の煮物が付け合わせ

 

 

データ

北栄町2-26-31

☎77・4646

月~木曜午前11時~午後2時30分

金土祝前日祝日午後6時30分~午前1時

日曜定休(祝前日は営業)

9~12席の店内。ランチは月~木曜のみ

 

 

ステーキ&パスタ amelia(アメリア) 

2016年6月21日 | とまこむ編集室

 

来月、オープンから丸3年に。

 

パスタ、ステーキ、ピザ、スイーツなど豊富なメニューで飽きさせません。

 

店長おすすめは、生パスタを使った「アルフレットソースのパスタ」(1200円)。

 

道産小麦ゆめちからを使った麺は、もちもちとした食感とほのかな甘みが特長です。

 

チーズや牛乳、生クリームが良~く絡みます。

 

 

日替わりランチのパスタはサラダバー、ドリンクがついて970円とお得感満載。

 

自慢の牛肩肉の「ステーキランチ150g」(1180円)も、肉好きさんの胃袋をしっかりつかんでいる。

 

札幌かぐらじゅの「アップルパイ」(550円)も大好評です。

 

 

これ食べ  アメリアP1

 

 

中央「アルフレットソースのパスタ」や「チーズケーキ」(450円)、「ガトーショコラ」(420円)など

 

 

 

データ

大町1-34-1ロン・ルナマーレビル1階

☎34・9200

平日午前11時30分~午後3時、午後5時~同11時(ラストオーダー各30分前)

土日祝日は通し営業(ランチは午後2時まで)

火曜定休

 

店内は広々として70人まで利用可能。ランチは土日祝もOK

 

浜っこラーメン けんたろう

2016年6月21日 | とまこむ編集室

12年前から、ぷらっとみなと市場で営業。

 

海鮮や野菜は毎日市場で仕入れ、平日は会社員、土日は観光客や家族連れでにぎわいます。

 

店長おすすめは「海鮮ラーメン」。

 

スープはこだわり抜いた3種類の天然塩をブレンドしました。

 

プリプリとした食感の具はホッキ、エビ、イカ、ホタテ、アサリと盛りだくさん。

 

海鮮のうま味が麺に良く合い、女性客のファンも多いです。

 

「日替りラーメン定食」(850円)も見逃せない!

 

しょうが焼き、チキンカツなど毎日違うメニューと小ラーメンのセット。

 

ガッツリ食べたいサラリーマンに大人気です。

 

土日も提供してくれるのがうれしい~

 

これ食べ けんたろう P1

 

ホッキ、エビ、イカが入った店長おすすめ「海鮮ラーメン」960円

 

 

 

データ

港町2-2-5ぷらっとみなと市場内

☎36・4646

午前7時~午後4時

水曜のみ午前11時~午後2時

1月1日~4日は休み

 

 

 

 

 

 

やき鳥 夢叶(ゆめと)

2016年6月21日 | とまこむ編集室

 

昨年1月、店主永井健一さん(46)が脱サラをして開店。

 

店内には永井さんが趣味で集めた、7、80年代のレコードやヒーロー物のフィギュアをディスプレーしています。

 

流れる懐かしい音楽に浸ってくつろぎましょう。

 

 

お薦めは、数量限定の「室蘭焼き鳥」。

 

豚肩ロース肉をこんがり焼きあげ、オリジナルのたれを絡めた一品です。

 

噛み応えがあり、肉のうま味を堪能できます。

 

甘すぎないたれで、ついもう一本と手が伸びます。

 

肉は全て国産を使い、「鶏串」(1本140円)、「デカつくね」(1本250円)など10種類以上。

 

一部メニューを除き、予約すれば持ち帰りができます。

 

 

これ食べ 夢叶P1

 

「室蘭焼き鳥」(1本200円)。焼き立てを味わってほしいため、持ち帰りはできない

 

 

データ

明徳町2-2-7

☎090・8279・4958

午後5時~同11時

日曜定休

 

カウンターと小上がりで10人座ることができる。予算に合わせた宴会もOK

 

 

酒処(いどころ)やんや

2016年5月17日 | とまこむ編集室

今年2月オープン。

 

店主の工藤隆幸さん(47)が夫婦で営む居酒屋。

 

カレーやカツ定食などを提供するランチタイムは、サラリーマンや主婦仲間が、

 

夜は近所に住む年配夫婦などが酒と料理を楽しみに訪れる。

 

焼鳥や刺身などの居酒屋メニューが豊富にそろう中、

 

自信を持って薦めるのが青森県の特産地鶏「青森シャモロック」。

 

きめが細かく赤身をおびた肉は弾力があり、「炭火焼き」はもちろん、

 

肉から出る濃厚なだしが絶品の「青森軍鶏鍋」(1人前1000円)も美味だ。

 

 

日本酒などアルコール類も充実。

 

シカ肉や運が良ければクマ肉料理が食べられるかも。

 

リピートして訪れたい。

 

これ食べ やんやP1

 

炭火で一気に焼き上げる青森シャモロックの「炭火焼き」(800円)と、特製しょうゆで食べる「鳥わさ」(同)

 

カウンター7席と小上がり4席あり

 

 

データ

拓勇西町4-2-5

☎090・6447・0027

午前11時~午後2時、午後5時30分~午前0時、金、土曜~午前1時、水曜定休

 

 

 

炭焼きバル ONIKU

2016年5月17日 | とまこむ編集室

「カジュアルにワインを楽しめる街にしたい」と店主の渡部和央さん(33)が、昨年12月にオープン。

 

お薦めは「炭火焼牛タンステーキ」。

 

3、4mmの分厚い牛タンを、中の肉汁が逃げないよう炭火でじっくり焼いた一品。

 

ゆず塩、ハーブ塩、ガーリックソースの3種類が付き、味を変えて楽しめる。

 

他にローストビーフ(1380円)やアヒージョ(600円~)などワインにピッタリのメニューがある。

 

スイーツも豊富で、女性に人気が高いのは、イチゴを使ったフレンチトーストにチョコを掛けた「フルーツフレンチロール」(600円)だ。

 

これたべ ONIKU P1

 

「炭火焼牛タンステーキ」(100g980円)、グラスワイン(1杯600円~)

 

 

データ

錦町2-5-5チバビル1階

☏84・6429

午後6時~午前1時

月曜定休

 

 

 

 

ノーザンホースマラソンに参加

2016年5月16日 | とまこむ編集室

満開の桜も終わり、新緑の季節に突入した苫小牧!!

 

いい季節になりました

 

きのうはノーザンホースパークマラソン本番でした

 

好天に恵まれ、爽やかな空気の中、2500人ほどのランナーが、駆け抜けたんです

 

その中にわが「チームとまこむ」の4人も参戦しました

 

今年初めての大会参加でしたが、ドキドキと達成感を体いっぱい感じて、いいひと時になりました

 

2016ノーザンマラソン

 

ピンクのチームTシャツでアピール!

 

参加者から「いつも読んでます!」のうれしい声掛けもありました

 

 

 

老いも若きも、年齢関係なくできるのがマラソン。ホント実感しました

 

次はどんな出会いが待ってるのかな・・・