とまこむバックナンバー

広島お好み焼き  鉄板

2017年2月20日 | とまこむ編集室

 

熱々の鉄板で焼く絶品B級グルメ

 

昨年10月オープン。

 

お好み焼きを極めるため、本場広島で学んだ店主の菅原行信さん(60)と禎子さん(59)夫妻が営む。

 

お好み焼きは生地をクレープ状に薄く焼き、大盛りのキャベツやイカ天、モヤシ、豚バラ肉などを山積みする。

 

見た目はボリューム満点だが、野菜いっぱいでヘルシーだ。

 

「肉玉そば」(850円)の上に、ネギとマヨネーズ、広島から取り寄せる甘めのソースをたっぷり掛け、バーナーで炙る「あぶりネギマヨそば」が一番人気。

 

ソースの香りとネギマヨの香ばしさが相まって、たまらなく食欲をそそる。

 

めんたいこ、餅、チーズ入りの「鉄板もんじゃ」(980円)など、もんじゃ焼きもお薦め。

 

 

 

「あぶりネギマヨそば」(980円)。そばは麺の表面をラードでパリっと焼き上げている

店内は禁煙。小さな子ども連れの客にも喜ばれている

 

 

データ

緑町1-25-9

☎35・0584

午前11時~午後2時

午後5時~同10時

火曜定休