とまこむバックナンバー

きなころ

2015年7月16日 | とまこむ編集室

安平町のNPO法人「ココ・カラ」が

 

黒千石大豆を使ったお菓子「きなころ」を開発

 

三温糖と水あめの優しい甘さに、きな粉の香りが香ばしい

 

試作を繰り返し、ゴマとライスパフを入れ見た目にもかわいい軽い食感に仕上がりました

 

黒千石大豆は、絶滅した幻の品種と言われてます

 

他の黒大豆に比べ大豆イソフラボンやポリフェノールの含有量が高く、

 

2007年ごろからスローフードの広まりと共に復活!!

 

先に商品化した町内産大豆を原料とする「おからクッキー」(210円) と共に、

 

JR早来駅隣接の町内物産館で手に入ります。

 

 

きなころ

 

NPOココ・カラが開発した「きなころ」(210円)は1袋40g入り

※金額は全て町内価格

 

週末のみ安平町農産物直売所でも販売。☏080・5830・7086(同会代表内藤さん)

 

 

 

データ

安平町早来大町199-1

☏0145・22・2992

午前8時30分~午後6時

無休