とまこむバックナンバー

ROSMARINO(ローズマリーノ)

2017年5月18日 | とまこむ編集室

女子のツボを押さえたうれしいランチ 

 

イタリアンが気軽に味わえるレストランカフェが、今年3月にオープンした。

 

腕を振るうオーナー桐生綾(りょう)さん(29)とパティシエの妻舞子さん(29)は、共に神奈川のイタリアンレストランで修業。

 

結婚して店を持つ夢を、舞子さんの地元白老町でかなえた。

 

「1プレートランチ」は、いろいろ食べたい女性に好評。

 

日替わりのパスタ、肉、魚料理などが1皿に載る。

 

この日は、小エビと芽キャベツのオイルソースパスタ、豚肉のロースト、真鯛のソテーサラダ仕立てなど。

 

パンとサラダ、数種類から選べるケーキと飲み物もセットで大満足。

 

この他、数量限定の「白老牛のステーキランチ」(1800円)も捨てがたい。

 

データ

白老町萩野69-27

☎82・8960

午前11時30分~午後9時

(ランチは午後2時30分、ディナーは午後8時ラストオーダー)

火曜、第2水曜定休

 

 

 

「1プレートランチ」(1500円)。日替わりのパスタや肉、魚料理など盛りだくさん。選べるケーキも魅力

 

 

デルフィーノ

2017年5月18日 | とまこむ編集室

人気店が復活! あの肉メニューは健在です

 

昨年閉店したイタリア料理店が同じ場所で復活。

 

「お客さんの笑顔が見たくて戻ってきました」と、名物シェフの永井優志さん(39)。

 

陽気なシェフとの会話を楽しみに訪れるファンもいる。

 

カウンター越しの鉄板で焼く「ステーキランチ」(1300円)や「手ごねハンバーグランチ」(1100円)も健在。

 

昼からしっかり肉食したい人にお薦めだ。

 

市内の農家「ロマンス農園」のアスパラを使った「季節の野菜生パスタ」は、モチモチ食感で食べ応えがある。

 

彩り鮮やかで女性にも人気の一皿だ。

 

ランチは同店オリジナルブレンドの美鈴アメリカンコーヒーと、ジャスミンティーが飲み放題なのもうれしい。

 

データ

春日町2―9-14

☎33・7355

午前11時~午後2時、午後5時~同10時

※ラストオーダー各30分前

水曜定休

 

 

 

 

手前「季節の野菜生パスタ」(1300円)と「本ズワイガニのクリームパスタ」(同)。それぞれサラダとデザートが付く

 

たなかのぴざや

2017年5月18日 | とまこむ編集室

定番から多国籍まで 日替わりピザに注目

 

2014年6月開店。

 

銀座のフレンチやカナダ大使館で腕を磨いた、店主田中麻衣さん(32)が作るピザの専門店だ。

 

自慢のピザ生地は、冷めても弾力があり硬くならないのが特長。

 

マルゲリータ(850円)など、通常メニューは7種類。

 

チーズ好きが思わずうなる「クアトロフォルマッジ」は、4種のチーズとクルミがトッピング。

 

たっぷりのチーズだが不思議とあっさり。

 

「生地の味がわかりやすいピザです」と田中さん。

 

日替わりの「本日のたなかのぴざ」(1000円)は、グリーンカレーやボルシチなど、基本同じ具が二度と登場しない。

 

それを目当てに来る常連客も。

 

多国籍な味を楽しんで。

 

データ

山手町1-2-1

☎080・8290・3952

午前11時~午後9時30分

水曜定休

※生地がなくなり次第終了

※日替わりはfacebookにて随時更新

 

 

 

 

「クアトロフォルマッジ」(1300円)。ゴルゴンゾーラやモッツアレラが載る。テイクアウトの箱代は無料

 

 

リトルアンジェラ

2017年5月18日 | とまこむ編集室

市場の新鮮な海鮮と野菜を毎日調達

 

市内3店舗あるアンジェラグループの1つ。

 

13年前に、ぷらっとみなと市場で営業を始めた。

 

毎日新鮮な食材で作る料理と、ハンドドリップで入れたてのコーヒーが自慢の喫茶だ。

 

店長のおすすめは、パスタ「ホッキときのこのバターしょうゆ味」。

 

肉厚でうまみたっぷりのプリプリホッキと、キノコの食感がバターとよく合い食欲をそそる。

 

ボリュームもあるので食べ応えも充分。

 

新鮮なホッキを使った釜飯やフライなど、ホッキメニューは豊富にある。

 

男女問わず人気なのは自家製「シフォンケーキセット」(650円)。

 

コーヒーor紅茶が選べる。

 

朝7時から営業しているので、モーニングコーヒーが堪能できる。

 

データ

港町2-2-5ぷらっとみなと市場内

☎38・2888

午前7時~午後4時

水曜のみ午前11時~午後2時

無休

 

 

 

ホッキとキノコが入った店長おすすめ「ホッキときのこのバターしょうゆ味」(1050円)

 

ホームキッチンカフェ 宝竜

2017年5月18日 | とまこむ編集室

ラーメン店がカフェとして再スタート

 

昨年12月、40年余り親しまれたラーメン店「宝竜」が、新たにカフェとしてオープンした。

 

店主の中村美樹子さん(49)は「亡くなった義母の店を残したい」と、札幌や東京の飲食店で働いた経験を生かす。

 

「地域の憩いの場になればうれしい」と笑顔で切り盛りする。

 

「宝竜バーガー」は、白老牛のパテに焼きそばと目玉焼きをプラスしたご当地バーガー。

 

ラーメン店から受け継がれるメニューで、こくのあるソースにマヨネーズと大葉がアクセントになっている。

 

その他「白老牛牛スジカレー」(750円)もお薦め。

 

甘いもの好きには「パフェ」が好評。

 

チョコ、ベリー、抹茶の3種類で、食後にちょうどいいサイズ感。

 

 

データ

白老町大町2-3-11

☎82・4532

午前8時~午後6時

木曜定休

 

 

 

 

白老牛を使った「宝竜バーガー」(600円)と「パフェ」(400円)