とまこむバックナンバー

炭火焼 牛たんの店 一心

2016年11月17日 | とまこむ編集室

軟らかい~こだわりの熟成牛タン

 

今年8月に双葉三条通沿いにオープン。

 

店主自慢の炭火焼「牛たん」は、天然塩や香辛料、隠し味などに数日間漬け込み熟成させるなど、随所にこだわりがある。

 

注文を受けてから、絶妙な焼き加減で提供される同店の一押しだ。

 

おすすめは「牛タンレディース定食」。

 

炭火焼き牛タンに、手間暇掛けた牛タンシチューが付き、テールスープやデザートもセットになった女性限定のセット。

 

「牛たんカレー」も見逃せない。

 

牛タンとカレーの両方が味わえる欲張りな一品。

 

ボリュームも満点で、ガッツリ食べたい人にも人気。

 

ランチ時は値段が安くなり、麦めしもお代わり自由なのがうれしい。

 

 

%e3%81%93%e3%82%8c%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%80%80%e4%b8%80%e5%bf%83%ef%bd%90%ef%bc%91

 

「牛タンレディース定食」(ランチ1501円、夜1717円)「牛タンカレー」(ランチ961円、夜1069円)

 

 

データ

のぞみ町2-2-5

☎82・9555

午前11時~午後2時

午後5時~同9時

不定休

 

 

 

 

榮ちゃん食堂

2016年11月17日 | とまこむ編集室

アットホームな食堂で幸せ満腹時間を

 

2014年8月オープン。

 

国道234号沿いにある、店にかかる黄色い看板が目印。

 

櫻井幸子さん(57)、吉田浩子さん(51)姉妹がにこやかに迎えてくれる。

 

一番人気は「しょう油かつ丼」。

 

道産にこだわった豚ロース肉を薄くのばした軟らかいカツに、甘めの特製しょうゆダレが掛かった満腹メニューだ。

 

「カレーうどん」は、夕張にあったそば店「藤の家」のレシピを受け継いだ。

 

継ぎ足して作るピリッとスパイスの効いたつゆに、程よい弾力の麺が絡む。

 

おすすめは20から30種のスパイスの、甘めと辛めの2種類のカレーが一皿で楽しめる「コンビカレー」(1000円)。

 

座敷もある店内。どのメニューもテークアウトができる

 

 

%e3%81%93%e3%82%8c%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%80%80%e8%8b%b1%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e9%a3%9f%e5%a0%82p1

 

手前から「しょう油かつ丼」(900円)、「カレーうどん」(650円)は数に限りがあるため、なくなり次第終了

 

 

データ

安平町追分128-1

☎0145・25・3871

午前11時~午後3時

月曜、第2、4日曜定休

 

 

 

 

食空間 ゆるり

2016年11月17日 | とまこむ編集室

軟らかな肉質が自慢の豚肉に舌鼓

 

長年札幌で飲食の仕事に携わってきた店主の三上寛人さん(35)が、今年6月、地元厚真町に戻りオープン。

 

町内のエフティファームで生産する「米(まい)愛(ら)豚(ぶた)」をメーンにしたランチセットが人気を呼んでいる。

 

 

「米愛豚」は厚真ファーム産の米ななつぼしを食べて育ったブランド豚。

 

軟らかくきめ細やかな肉質で、脂身に甘みがあると評判だ。

 

ランチメニューは、お薦めの「トンテキ」の他、「ポークジンジャー」(1000円)や「豚天丼」(900円)など、どれも食べ応え十分。

 

しっとりジューシーな味わいを堪能して欲しい。

 

夜は居酒屋として、または食事だけの利用でもOK。

 

弁当やオードブルの予約も受ける。

 

%e3%81%93%e3%82%8c%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%80%80%e3%82%86%e3%82%8b%e3%82%8a%ef%bd%90%ef%bc%91

 

「トンテキ」(1000円)は、山わさびとしょうゆダレを付けて。ご飯やミニそば、サラダ、漬物付き

 

テーブル席とカウンター、個室もある

 

 

厚真町錦町5-1

☎0145・29・7344

午前11時~午後2時、午後5時~同10時(ラストオーダー30分前)

日曜定休(祝日の場合は営業。月曜祝日の場合も営業。供に翌日休み)