とまこむバックナンバー

3月1日号

2012年2月28日 | とまこむ編集室

もうすぐひな祭りです

次回特集は「おひなさまを愛でる」と題し、読者が長年大事にするおひなさまを紹介します

 

市内の幼稚園では35年前の開園から、園児に愛され続けるおひなさまが登場

また、苫小牧らしくホッキの貝殻を利用した、手作りおひなさまも紹介します

 

紙面を真ん中にして、ひな祭りの思い出話ができたら、楽しそうですね

 

3月1日号

 

今号で最終回を迎えるコーナーが2つあります

「シネマでひとり言」と「大切なものは何ですか?」

 

シネマは2009年3月にスタート。約3年の連載でした

新作映画ではなく、旧作を掘り起こし、「ああ、懐かしい~」とか「へえ~面白そう」と思ってもらえるDVDを選んできました

 

大切は2009年4月にスタート。1回目は就任したばかりの駒大苫小牧高校野球部監督佐々木孝介でした

高校1年の時に先輩たちと撮った写真が紹介されている、貴重な第1回でした

 

新コーナーは4月5日号からスタートします

それぞれ、趣向を凝らした企画となっています。ご期待ください

 

まずは、今週発行の3月1日号をお楽しみに!!!

 

「カステラ」教室

2012年2月24日 | とまこむ編集室

きょうは紙面で紹介した「フライパンでカステラ」を、みんなで作りました

とまこむで紹介したとおりの、いい匂いのおいしいカステラが出来上がり、大成功!!でした

 

「カステラ」焼けましたP2243075

 

おいしそうでしょ~

外はサクっと、中はしっとり。よく使う言葉ですが、そのとおり!!

 

「カステラ」教室

 

講師の丹下さんの分かりやすい解説で、とっても順調に作業が進みました

最後には、先生が焼いてくださったカステラをみんなで食べて、おしゃべりして。至福のとき

 

自分が作ったカステラはお持ち帰りしました

皆さんは今頃、おうちで上手にできたカステラを家族に披露してるかな・・・

 

「おさんぽ日和」

2012年2月23日 | とまこむ編集室

すずきももさんの「さっぽろ おさんぽ日和」新装改訂版が、本日発行になりました!

最初のおさんぽ日和が2007年発刊でしたので、もう5年も経つんですね

 

札幌の飲食店や雑貨屋さんなどを紹介する、ガイドブックです

本を片手に、お散歩するのにちょうどいい、力の抜け感が好きです

 

それに、この本のすごいな~と思うのは、全部手書きってとこ

データなど一部活字もありますが、紹介するお店の外観、料理、品物は写真ではなく手書きのイラスト

 

それに店名や紹介文など、文字も手書きです

きっと「紹介文くらいパソコンにすればよかったかな・・・」と、ももさんは後悔した瞬間があるのでは

 

手書きは訂正追加などに、手間がかかるので(とまこむでもそうだから・・・)

でもももさんのこだわりのおかげで、手元に置いて、見て楽しい、読んでほのぼのな、絵本のようなガイドブックになってると思います

 

さて、新装改訂版の中身ですが、野菜ソムリエ萬年さんのお店「リトル ジュース バー」が登場してます

築100年以上経った、札幌軟石の蔵の外観が、いい感じ

「徳光珈琲」にでてくる、コーヒーの麻袋で作ったバッグも気になった

 

札幌にはなかなか行けないけど、とりあえず、行くつもりで、眺めて楽しみます~

 

「おさんぽ日和」改定版

 

もうひとつ、気になる本が、おさんぽ日和に隠れている「月刊コンサドーレ3月号」

もうすぐ、開幕ですね。J1ですよ!J1!!

 

今からお勉強するために、3月号はぴったりです

ふろくが選手の顔と名前がしっかり分かる、ポスターだよ

 

試合日程やキックオフ、会場、対戦チームも載ってます

壁に貼って眺めれば、開幕が待ち遠しい~

 

開幕は3月10日(土)14:00キックオフ札幌ドームです

対戦はジュビロ磐田。初戦に注目しましょ!!!

 

月刊「コンサドーレ」3月号

 

スキレット

2012年2月20日 | とまこむ編集室

今週金曜日24日は「お菓子教室」です

フライパンでカステラを作る、簡単でおいしいオリジナルレシピです

 

今回使うフライパンは、鉄鋳造のスキレットと呼ばれる、蓄熱性に優れている品物です

いろいろな会社から出ていますが、今回はネット通販で購入

 

ずっしりと重いですが、17センチと小さいので、手に余るほどではないです

むしろかわいい感じ~

 

使い始めに、ひと手間が必要ですので、早速、箱から出して準備

軽く水洗いしたら、火に掛け油を敷いて、野菜くずなどを炒めます

 

スキレット1

 

野菜を炒めるのは、油が全体になじむようにでしょうか?

そして、水洗いして火に掛け、もう一度油を薄く敷きます~

 

スキレット2

 

ピカピカお化粧したみたいに、きれいになりました

これで、準備完了!

 

カステラのほかにも、ステーキを焼いたり、オムレツとかもいいみたい

外のバーベキューの時にも、使えそうです

 

まずは、カステラにチャレンジです

みなさんの出来上がりは、ブログで報告します!!

 

 

 

 

 

十五穀米ごはんと大豆の煮物

2012年2月16日 | とまこむ編集室

やあ~色目がすごっく地味な話題だな~

昭和の食卓か、田舎のばあちゃんの好物か・・・みたいな

 

でも、最近とってもおいしいな~と感じた食事だったので紹介しちゃいます

色は地味ですが、こだわりの2品です!

 

まず、十五穀米は、愛知県の友人が「米2合に大さじ1がベスト」と、教えてくれました

普通に水加減したごはんに、パッと入れるだけ。お手軽

 

十五穀米ごはん

 

十五穀はもち米、黒米、とうもろこし、大麦、そば、黒豆など15種類

 

十五穀米1

 

もっちりじんわり、おいしい味です。それに食べあきない

ネット通販で買いました

 

もう一つが、大豆の煮物

 

大豆の煮物

 

洞爺湖産有機大豆で、3年熟成。コープさっぽろステイ店で360グラム180円

昆布を少し入れて、煮てみました

 

健康にいいとか、体調がよくなったとかはわかりません~

でも、色は地味ですが、おいしいのが一番うれしい

 

2月16日号

2012年2月14日 | とまこむ編集室

苫小牧はきょうもいいお天気です

最高気温の予想は、高めのプラス1℃

 

夜のうちに、ガチガチに凍った路面が、お日様に照らされて、ゆるみます

つるはし(年代物)で、ゆるんだ氷を割る、近所のおじさんの姿が見られるようになると春が近い~

 

さて、2月16日のとまこむ特集は「冬の子育て応援します」

小さな子どもを持つお母さんは、12月、1月とじっとしていた寒い冬

2月になって、家の中で過ごすのも、もう限界に近いのでは?

 

特集では、「屋根のある公園」児童センターの利用の仕方を、わかりやすく紹介しています

広々とした施設で、お母さんも子どもも、伸び伸び遊んでみませんか

 

友達つくりにも、役立ちそうです。参考にしてみください

 

2月16日号

 

そして、今号では子どもがたくさん登場します

昨年実施した「道新冬休み親子ぬり絵大会」の入賞者88名を、掲載しています

 

また、各部門で金賞をもらった、3人と一組の親子が、顔写真と共に登場

受賞した作品も一緒に掲載しています

 

発行は今週木曜日です

ワイワイ賑やかな紙面を、お楽しみに!!

 

ユキピリ花

2012年2月10日 | とまこむ編集室

クッキーでもなくチョコレートでもない感じの、おいしいお菓子、食べました~

テレビCMでは見たことあったけど、食べたのはきのうが初めて

 

柳月の「ユキピリ花」。濃厚ショコラとホワイトチーズ

 

柳月「ユキピリ花」

 

生チョコみたいに、口の中で解ける感じ。濃厚はホント濃厚

いいものみつけた!

 

今バレンタイン限定の、ハートのピリ花ってのがあるらしい

ピンクに白いハートで、ベリー&ハスカップ

 

14日までの限定BOXが売ってるみたい

柳月行ってみよ~

 

喰い処 弐七

2012年2月8日 | とまこむ編集室

苫小牧は港町です

カモメが頭の上を飛んでいたり、貨物船やフェリーの霧笛が街中に聞こえて、「ああ、港が近いんだな~」って感じます

 

漁港区に行くと、鮮魚市場があって、威勢のいいお兄さんやおばさんが、特産品を売っています

カニやシャケ、マグロ、干したカレイやホッケなど、どれも立派で豪快

 

市場の近くにあって、おいしい魚を食べさせてくれるのが「弐七(にいなな)」

地元の人はもちろん、観光で訪れた人などで、賑わってます

 

お目当ては、とまこむでも紹介した「弐七丼」1000円

これでもか!ってくらいお刺身が載った丼です

 

「弐七丼」

 

数えたら10種類載ってます。ジャケ、甘エビ、ホタテ、タコ、とびっこ、シメサバ、マグロ、イカ、ウニそして卵

甘エビは3匹も!!

 

この丼、これだけではないんです。この他に、小鉢が5つとみそ汁も付いてます

小鉢といっても、内容は肉のおかずやラーメンサラダもでるんです

 

営業は午前11時から。昼時は混雑しています

少し待つ覚悟で出かけましょう

 

苫小牧市汐見町1-2-2水産ビル1階

☎0144・33・2626

月曜定休

 

カステラ

2012年2月7日 | とまこむ編集室

2月2日のとまこむ1面のカステラが、あまりにおいしそうなので、紙面片手に子どもと一緒に作りましたよ。 

材料もシンプルで、ハンドミキサーさえあればあっという間に生地が出来ました。

 

「カステラ」作り1

 

オーブンにいれてしばらくすると、まずはちみつの甘~い香りが幸せにしてくれます。

焼き上がると、きれいなキツネ色にうっとり。

 

「カステラ」作り2

 

粗熱が取れると、早速切り分け味見。

きび砂糖でうっすら茶色いカステラは、素朴で優しい甘さ。

 

フワフワしっとりの食感がたまりません。

普通のケーキ型で作ったけど、紙面のようなフライパンなら、まさに「ぐりとぐら」の絵本の世界だろうな~。

 

あっという間に子供たちに食べられたので、今度は倍量で作ろう。

フライパンつきのお菓子教室は、13日が締め切りですよ。

 

カメラマン吉田公貴さん

2012年2月6日 | とまこむ編集室

きょう、とまこむスタッフの撮影勉強会でした

これで、もっといい写真が撮れるようになって、バッチリだよ!!!!

 

講師は札幌で「スタジオGreen」を構える、吉田公貴さん

札幌市中央区北2条西22丁目3-20

☎011・699・5044

 

普段は雑誌「北海道生活」や「poroco」などの掲載写真で、幅広く活躍している方です

北海道新聞社発行の「北海道のワインを旅する」阿部さおり著の写真も担当されてます

 

とまこむでも以前ご縁があって、「よくばりマルシェ2010」のポスターは吉田さんの撮影でした

そんなこんなで、お久しぶりのご対面でした

 

きょうの目的はズバリ!「料理写真をもっとうまく撮るには」

市内の飲食店におじゃまして、実際に吉田さんが撮影する場面の見学から始めました

 

撮影勉強会2

 

そして、会社に帰ってきてお勉強

次のテーマは「自分のカメラを使いこなすには」

 

撮影勉強会1

 

学習会の成果は、もうすぐとまこむ紙面に現れます(のはず)。

ご期待ください~

 

1 / 212