とまこむバックナンバー

大みそか

2011年12月31日 | とまこむ編集室

今年も12時間あまりとなりました

大掃除(うちのは適当簡単自己満足大掃除)も終わって、開け放ってた窓を閉めて、ストーブを再び点火したとこです

 

苫小牧は晴天。スカッとした青空が広がってます

こんな穏やかな日が大みそかに巡って来るって、なんだか幸せだな・・・

 

うちはここ数年、玄関のしめ飾りはオーソドックスな飾りを、近くのスーパーで買ってきます

今年もそれこそ、いつものように買ってきました

 

うちに帰って眺めていると、「これでいいの???」

気持ちと飾りがいまいち一致していないみたい・・・

 

紙でできた真っ赤な鯛と「壽」の文字の入った扇を外して

代わりに「絆」、「家族」、「祈」、「無病息災」を書き足してみました

 

しめ縄飾り

 

まだ、しっくりこないような気分ですが、これ以上考えると飾れなくなりそうなので、「いいんじゃないの」って

来年もみんな元気で過ごせますように

 

さて、今年は野菜に興味を持った1年でした

ジュニア野菜ソムリエに無事合格して、たくさんの野菜を食べて、たくさんのピクルスを楽しみました

そして、今年最後のピクルスを作って締めくくりです

 

冬のピクルス

 

おせちのうま煮用に買ったゴボウとレンコン、ニンジンを半分ほど使って、それにパプリカ、キャベツを加え

冬の根菜もおいしいピクルスになります。雑煮の箸やすめにいい感じ

 

来年も野菜を勉強して、たくさん食べて

そして、自分のできることをひとつでも増やしていきたいと思います!

2011年大みそか  

 

フェリーターミナルのライトアップ

2011年12月26日 | とまこむ編集室

船見町のフェリーターミナルがきれいにライトアップされています

昨年から始まった試みで、今年で2回目

 

フェリーターミナルライトアップ1

 

大きな客船をバックに、ターミナルの建物や駐車場がキラキラしてます

街中とは違って、周りに明かりが少なく、真っ暗なで、静かでよりキラキラ

 

フェリーターミナルライトアップ2

 

街中より気温も幾分低めで、より空気も澄んでるのかな・・・

 

フェリーターミナルライトアップ3

 

来年2月までは実施しています

暖かい服装で、出かけてみてください

 

フェリーターミナルライトアップ4

 

正面玄関の中も、キラキラしてます~

年末年始のお客さんのお迎え送りだけじゃなく、お土産買いにいくのも楽しいよ

売店にはたくさん道内お土産が並んでます

 

大雪の予報

2011年12月22日 | とまこむ編集室

 

12・22夕刊大雪の予報

 

口がへの字の雪だるまが、斜めに降ってくる雪に耐えてます

苫小牧は22日の夜から、25日まで、への字雪だるま

 

札幌や函館、岩見沢、浦河も大荒れの天気

猛吹雪や局地的な大雪に警戒が必要な予報です

 

苫小牧はきょうの午後1時ごろから、雪が降りはじめ、4時間くらいてこんな感じ

 

12・22夕方表町

 

いったん雪は止んでますが、これからどうなるのかな・・・・

雪かき道具と長靴を、玄関の中に入れて、準備しとかなくちゃ

 

どうやら、クリスマスはドカ雪クリスマスの気配です。トホホ

車の運転には十分気をつけてください

 

北の無人駅から

2011年12月21日 | とまこむ編集室

きょう道新から号外が出ました。道新幹線 札幌延伸へ 函館市 分離同意

北海道新幹線が現実になりますね~

 

広い~北海道をビューーンと走る新幹線が、まだ想像できません

牧草地の牛や馬はびっくりするね!?

 

鉄道といえば、鉄ちゃんブームと言われて久しい気がしますが、最近ますます盛り上がっているみたい

北海道のローカル路線は全国的にみても魅力があって、旅番組や雑誌の特集とか、必ず取り上げられますね

 

北海道新聞から出る鉄道本が、最近目立ってます

どの本も、さっすが北海道新聞だから出せる本って印象

 

9月に出たのが「北海道鉄道廃線跡」本久公洋著 2520円

かつて縦横無尽にあった、鉄道網をたくさんの写真と解説で紹介

 

10月には「北の無人駅から」渡辺一史著 2625円

丹念な取材と深い省察から浮き彫りになる、困難な現実

 

12月には「追憶の鉄路」工藤裕之著 2625円

北海道廃止ローカル線の写真集。昭和から平成への移ろい

 

追憶の鉄路&北の無人駅から

 

「北の無人駅から」は、B6版791ページの厚さがあって、各章読み応え十分

渡辺さんは8年前「こんな夜更けにバナナかよ」で大宅賞、講談社ノンフェクション賞のダブル受賞したノンフェクション作家

 

丁寧な取材と人物語が、駅とあいまって面白い

昔の繁栄と衰退の経緯。人々の思い・・・

 

鉄ちゃんならずも、新幹線ブームが来る前に、ローカル廃線をおさらいしてみるのも一考です

 

*北海道新聞の本はお近くの道新販売所から、ご自宅までお届けします

 

かに太郎

2011年12月20日 | とまこむ編集室

「かに太郎って知ってる?行ったことある?」

今、職場でちょっとした話題になっています

 

昔からあるらしいんです

白老町竹浦にあって、かに料理って壁に書いてあるお店です

 

外観は多角形で、一面ごとに窓が大きくあります。窓だらけ

昔風のドライブイン?? 外観はこちら ↓

 

かに太郎外観

 

36号沿いなので、建物に記憶ある人も多いのでは

でも、やってるの???と思ってました

 

初めて、店に入ってみました

目指すは、うわさの「かにめし」500円なり

 

ごはんの上に、ほぐしたカニ身+タケノコとシイタケの細切り煮+錦糸卵+紅しょうが 

 

かに太郎カニめし

 

たちのみそ汁と漬物付です ↓

 

かに太郎のタチのみそ汁

 

これで500円とは、さすが白老町竹浦です~

ほかのメニューは???ですが、一度かにめし食べてみてね

 

広々とした太平洋を眺めながら、ゆっくりのんびりできる場所です

真っ赤な夕日にでも会えたら、これ以上の癒しはないかも

 

無性にオムライス

2011年12月15日 | とまこむ編集室

先日取材で伺ったしらかば町の「ジュナパパン」。

自家製フェットチーネがおいしかった~(記事は来月のとまこむ見てね)

 

今日どうしてもオムライスが食べたくなり再訪。

 「エビとホタテのオムライス」(1000円)をオーダーしました。

 

ジュナパパンオムライス

 

こだわりの卵を3個半使った大きなオムレツが、ピラフの上に載って登場。

テーブルでご主人がナイフを入れてくれます。

 

すると、とろ~り軟らかい卵に包まれていたエビとホタテ貝柱がゴロゴロお目見え。

選べるソースはデミグラスをチョイス。

 

家では食べられない、大人のオムライスに大満足。

食べ応えも十分でした。

 

 

 ジュナパパン店内

今月23~25日、1日限定6組の「クリスマスディナー」(5000円)は、24日(土)以外は予約がまだ間に合うそうですよ。

お早めに!

 

 

ジュナパパン

苫小牧市しらかば町3-32-1

☎0144・76・0168

午前11時~午後3時、午後5時30分~午後9時ラストオーダー

月曜定休

 

酒匠(さかしょう)

2011年12月14日 | とまこむ編集室

きのう取材で、酒匠(さかしょう)さんにお会いしました

日本酒のことなら何でも知っている、すごい人!!

 

焼酎や泡盛なども含む日本のお酒全般を、いろいろな角度で知っているスペシャリスト

日本酒サービス研究会酒匠研究連合会専属テイスター=酒匠です

 

男性をイメージしてしまいがちですが、全道で3人しかいない酒匠は全員女性

きのうお会いしたのは、グランドホテルニュー王子にお勤めの佐々木妥代さん。32歳の女性です

 

決して酒豪ではなく、いわゆるワインでいうところのソムリエ

お酒の相談を受けたときに、選定をしてくれる人

 

日本酒とおつまみ

 

ラベルの見方から、酔わない飲み方まで、伝授してもらいました

好みのお酒に出合えるか&出会ったらラベルを写メしておく!ここ大事です

 

日本酒ブログ用

 

そしてもうひとつ、いいこと聞きました

グランドホテルニュー王子内日本料理「こぶし」などでお食事されるとき、お酒のアドバイスを佐々木さんがしてくれるそうです

 

迷ったら、前もってお電話で相談してみましょう~きっといいお話が聞けますよ。

まずは「こぶし」(直通☎0144・31・3163)に相談してみましょう

 

そして佐々木さんからのPR

12人のトップきき酒師が選ぶ「日本酒と肴」

毎月19,800円×全12回 限定100セット

http://www.kikisakeshi.net/shop/hanpukai/

佐々木さんが選定に参加されています。ぜひ、覗いてみてください

 

皆既月食

2011年12月13日 | とまこむ編集室

10日(土)の夜10時ごろ、苫小牧の空を見上げたら、月が左から欠け始めてました

これが皆既月食か~

 

この日の夜の苫小牧はとってもいいお天気で、満月がきれいでした

真っ黒な空の中に、月が優しく輝いている感じ

 

皆既月食とは、太陽と地球、月が一直線に並び、月が地球の影に隠れる自然現象

少しずつ月が隠れていくんですが、影と月の境目はぼんやり見えていて幻想的

 

道内の皆既月食は昨年の12月21日以来、一年ぶりらしいです

ダメ元で、カメラに収めてみたら・・・↓

 

皆既月食20111210

 

何でしょう???

真っ暗な穴の中の出口が、はるか向こうに見える感じ

冬眠中のクマが、片目を薄目開けた感じ

・・・・・・・・・

 

12月15日号

2011年12月12日 | とまこむ編集室

いよいよ今年最後の発行となります

12月15日号の特集は「苫小牧ご当地キャラ集合」

 

今年生まれた「とまチョップ」は、白鳥の体にホッキ貝の帽子を被っている苫小牧公式キャラクター

着ぐるみも現在制作中らしいのですが、紙面には間に合わず~残念!!

 

古いところでは苫小牧信用金庫の「タララ」。北海道を代表する野鳥のアカゲラがモデル

着ぐるみもあったんですが、今は倉庫で眠っているらしく、姿は拝見できずこちらも残念!!

 

苫小牧には企業キャラクターやマスコットなど、まだまだあります

このブームに乗って、苫小牧の宣伝隊になってくれることを、期待しましょう

 

12月15日号

 

とまこむ漫画「エザキのめざせ!スッキリ部屋」は Vol,7

先月に引き続き、冷蔵庫の片付け・整理の仕方です

 

せっかく安売りで買ってきた食品を、腐らせては元も子もない!

使い切ってなんぼです。冷蔵庫を食材倉庫にしたらダメですね

片付け・整理の参考にしてください

 

発行は今週木曜日。もう少しお待ちください!!

 

お気に入りパン屋さん

2011年12月9日 | とまこむ編集室

もうすぐクリスマス

ツリーやリースは飾りましたか?

お気に入りのパン屋さん「クロワッサン」にも、クリスマスらしい商品がありましたよ

 

クロワッサン外観

 

毎年人気の「パネトーネ」です

バター、卵、牛乳がたっぷり入った生地は、しっとりふわふわでケーキのよう

甘過ぎないので食べやすい

 

クロワッサンパネトーネ

 

リース形のパン?と思ったら、飾り用に販売しているもの

本物のパンを乾燥させて作るそうで、カチカチです

ちょっとしたプレゼントにいいかも

 

クロワッサンクリスマス

 

食べるとはまる「幻のクロワッサン」など、女性店主さんこだわりのパンやお菓子がいろいろありますよ

 

クロワッサン店内

 

苫小牧市宮前町3-13-20

パン工房 クロワッサン

木、金、土、日の営業

午前10時30分~午後5時

 

1 / 212